2019年06月17日

釣行81-19/6/1-船釣り-ショウサイフグ

これまで行ってたやつとちょっと違うんじゃよ。

【タックル】
シマノ ライトゲーム CI4+ アレグロ 91SS180
シマノ 17 ステファーノ SS 101HG

あ、まずライトゲームCI4+アレグロは無事、
大出費を経て完全に復旧いたしました。
竿先パーツだけで2万円弱かかりましたわ・・・

そして今回のショウサイフグ釣りですが、
これまでと違うのは相模湾という点です。
フグは東京湾(いわゆる湾フグ)と外房が
有名で、相模湾というのは初耳でした。

それもそのはず、昨年後半に初めて船宿が
開始した、始まりたての釣りものだそうです。

東京湾とタックルは同じでいいようですが、
違いは大きく分けて3つあって
・底だけでなく宙層がタナの時あり
・外道が豊富に釣れる(カワハギやイシダイ)
・純粋に釣果がいい(スソ2桁が多い)
らしいです。

仕掛けは自作してみたチラシカットウ。
最初の場所は底がタナでいいそうです。
(最後まで結局底でした)
東京湾とは違って7秒ぐらいに1度ぐらい、
空アワセしてってことなので従います。

が、じぇんじぇん釣れない、周りも釣れない。
アタリはしょっちゅうあるのですが、
全然針掛かりしないし、うまく釣れたら、
なんと小さなベラ。あとオキトラギス(?)。
なんかすんごい微妙な感じです。
何回か移動して、やっと小さめの本命をゲット。

やってる限りは特段東京湾と違いはありません。
が、何回か激しく根がかりはしましたね。
東京湾のショウサイでは根がかったことないので、
これはちょっとマイナスポイントです。

その内、周りがカワハギを上げ始めます。
自分には来ませんでしたが、巨大ハギでした。
その後は外道全く釣れずに、ポツンポツンと
かなり小ぶりなフグがたまに釣れる感じで、
最終的には7匹。外道は持ち帰れるものなし。
数はいいんですがちょっと小さすぎで不完全燃焼。

最後にオチが待っていて、さばいてくれたけど、
白子はくれない(破棄)とのこと。
なんですかそれはー!他の人もガッカリしてました。

サイズが小さかったのはタマタマらしいので、
まあそこはしょうがないとして、うーん・・・
白子シーズンじゃなきゃあり、ってレベルかな。



ラベル:船釣り
posted by ぐつこー at 20:19| 神奈川 ☁| Comment(0) | ショウサイフグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月16日

釣行80-19/5/26-船釣り-ライトルアー

久しぶりに単独ではなく計6名での釣行!
シーバスジギングの会で知り合った方々と。

アルファタックル FUNETATSU ライトゲーム 73-195ML
Abu Garcia REDMAX船3-L

ライトルアーは、3時間ほどの短い時間で、
サバをメインにしたジギングです。
まあ落として巻くだけだから何でもええやろ、
ってことで手持ちの適当な竿とリールで。

シーバスジギングの時に買っておいた、
アンチョビメタルの60g/80gを持参。
加えて久しぶり(?)のジグサビキも。
ハリス3号のピンクサビキが3針ついてる奴。

朝出る便はすでに満船気味ということで、
10時30分ごろに出船する便での出撃。
時間的余裕があり、生しらすを予約し確保~

大人気で2船出船の中、ミヨシ側を占拠して
自分は右舷前から3番目で実釣スタート。
が、なんもアタラないし釣れません・・・
初心者向けのお手軽なやつだから楽勝と
思ってたのにまさかの超ハードモード。
向かいにいるもう1船ではサバ釣れてるけど、
なぜかこっちの船には回ってこない。

たまーにフルフルなんか感触があるけど、
サビキについた3cmぐらいのイワシ。
中には3cmのサバもいたりして一応本命get?
この大きさでも背中の特徴的な模様はあるのね。

このまま終わっちゃいそうな葬式ムードでしたが、
大移動した後の最後の流しで突然船中爆釣モード!
ものごっついアタリがあって、リールが巻けず、
何とか上げてきたら50cm近いサバ×2(サビキ+ジグ)。

他、中サバを2匹を追釣(+バラシも・・・)したところで、
反応が抜けたみたいで上がっていきますのアナウンス。
あまりの釣れなさに延長戦をしてくれてたみたい。

陸に戻った後は2枚おろしにしてくれるサービス付き。
生しらすを受け取って、帰路につきました。


ラベル:船釣り
posted by ぐつこー at 16:43| 神奈川 ☀| Comment(0) | ライトルアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月05日

釣行79-19/5/16-船釣り-マゴチ

平日釣行です♪

アルファタックル FUNETATSU ライトゲーム 73-195ML
Abu Garcia BLUEMAX船3-L

昨年楽しいなあと思ったものの、
それ以来のまだ2回目となるマゴチです。

平日ということもあって、早く行ったわけでも
無いのに、潮先気味の右舷大艫をゲット。

久しぶりに生きたサイマキエビを針にセット。
なんというか生餌は妙な緊張しますねえ。

釣りを開始したら、錘で底が取れたら
概ね1mリールを巻いてあとは待ち。
1.5mの仕掛けで、潮でラインが斜めるのを踏まえ、
エビがギリギリ底を這っているイメージですね。

船中ではぽつぽつマゴチが朝から釣れ、
自分にもアタリ。マゴチ独特になりますが、
エサを咥えてハモハモ・クイクイしてる感じ。
この段階でアワセてもスカります。

ラインを張るか張らないかぐらいの状態で、
慎重にアタリ具合を確かめていき、
エサを飲み込んだなあという確証が持てたら、
次の引き込み時に「おらっしゃー!!!」という
感じで全力アワセをかまします。
ここも、半端なアワセだと口の中が固いので
針掛かりせずバレてしまいます。

今回はうまくいってしっかり針掛かり。
中型サイズを釣り上げることができました。

次のアタリはお昼ごろ。
極小のアタリで、外道のスミイカと思って、
あんま考えずにリール巻いて来たら、
小型のマゴチがくっついてました。

そしてそろそろ沖上りというタイミングで、
またマゴチのアタリ。慎重にやり取りして、
おりゃーアワセをしますが、スカッた!

無念と思ってリールを巻いて来たら、
あれ、なんか少し引いているぞという感触。
結局、極小マゴチがついていました・・・
ということで一応1日船で3匹の釣果。

あ、最後に少し重い感じがしたんですが、
マルイカがエビを抱いてました。
抜き上げられるかなと思ったけど、
海面から上げるとイカは離してボチャン。
まあ針掛かりしてなくて抱いてるだけですからね。

でも即座にエビをそのイカに近づけるとまた抱く。
上げるとまたボチャン、を3回ぐらい繰り返しw
遊んでんじゃないよという感じでタモ入れ頂き、
おいしいゲストもお持ち帰りできました。
ていうかマルイカってバカですねw

周りを見ていると、アタリは出せても
アワセに失敗している人が多数でしたね。
自分は似ているタチウオ浮き釣りで感覚つかみ、
今のところ置き竿不意打ち時以外、100発100中です!
ラベル:船釣り
posted by ぐつこー at 21:10| 神奈川 ☀| Comment(0) | マゴチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
RSS取得