2019年03月06日

釣行67-19/2/16-船釣り-LT中深場五目


【タックル】
ダイワ 極鋭ヤリイカ 82 MH-175 AGS
ダイワ 14 シーボーグ 300J-L

この釣りは冬に浅場(といっても200m-400m)に
上がってきた深海のお魚を狙う釣りですね。
船宿によって狙いの中心が違うようですが、
今回の船宿さんはクロムツ中心です。
なんか空いている日で4人+中乗りでした。

仕掛けは胴突き仕掛けで錘150号。
3本針でハリス同士の間隔が1.2m。
したがって仕掛け全長が長いので、
なかなかさばくのが大変です。
ハリスはだいたい70cmぐらい。

ポイントに着いて、「はい、260m」
おー深い(当たり前)
反応は底から10mぐらいあるらしい。

誘い方はあまり決まりがなくて、
底から誘い上げては止めてを繰り返したり、
逆に上のほうから少しずつ落とし込んだり、
らしいので自分はその両方を適当に。

3回目ぐらいの投入後、エサチェックのために
上げてきたらなんかついてまして、シロムツでした。
アタリまったくわからなかった・・・
本船宿では完全に外道扱いですが、食べたらおいしい。
当日塩焼きにしたらなかなかのお味でした。

その後、200mぐらいでラインが落ちなくなって、
その後、再度落ち始めるもなんか挙動不審。
スプールを指で押さえてみるとゴンゴン引いてる、
・・・サバ様でした。

全力で上げてくると3匹ついていて1匹は海面バラシ。
みんな嫌がりますが、まだ本命釣れていないし、
サバおいしいしとりあえずうれしい。
その後もう1回サバ様につかまって+1匹。

この後がいけないかったのですが、
サバ様でハリスがよれてしまったのを
交換しなかったので、その後は上げてくるたびに
ハリスが幹糸に巻き付いた状態で上がってきてまして、
その間、魚は全く釣れませんでした。

たぶん巻き上げた時に巻き付いちゃうんじゃなくて、
すでに海の底で巻き付いちゃってて、魚がエサを
食べられない状態になっていたんじゃないかな。

ハリスを全部切って交換したところ、
さっそく、ガコッっと引くアタリ。
サバ様以外では今日初めて感じるアタリです。

針掛かりしていないのか、そのガコッ以降に
なんも反応がなかったのですが、ゆっくりと
リールを巻いてみるとグイグイ引くので、
どうも何かがかかったらしい。

そのまま巻き上げると、残り100mぐらいまでは
グイグイ引いていたのがだんだんと静かになり、
上がってきたのはクロムツ!!
本命にお目にかかることができました。
20㎝強ぐらいで、どちらかといえば小さい。
ついでにユメカサゴもくっついてました。

その後はユメカサゴ+1で終了。
本命は1匹のみでしたが、まあよかった。
よれた仕掛けでのタイムロスが痛かったです。
仕掛けは、針数とか太さを変えられることや、
ハリスの替えを用意できることから、
自作したほうがよさそうな気がします。

ラベル:船釣り
posted by ぐつこー at 18:57| 神奈川 ☁| Comment(0) | 中深場五目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
RSS取得