2019年09月24日

釣行88-19/8/4-船釣り-中深場五目


【タックル】
ダイワ 極鋭ヤリイカ 82 MH-175 AGS
ダイワ 14 シーボーグ 300J-L

季節外れ感がありますが、単発で出るらしく、
乗ってみるか!という感じで中深場へ。
釣れなそう感がプンプンしましたがね・・・

東京湾で深くない場所で開始(150m前後)。
潮が早そうなので欲張らず3本針でサバ短つけて投入。
クッソ暑いからほぼ置き竿でたまにあおるぐらい。

最初からなんかしょっぱいアタリがあって、
シロムツかなーと思ったらやっぱりシロムツ。
雑に扱われるけど塩焼きにするとおいしいです。
その後もダブルで釣れたりして計5匹。

船中はシロムツ釣れる人と何も来ない人、
半々ぐらいで、シロムツ5匹でドヤれる状態。

やっぱだめだな真夏の中深場なんて・・・
と思いながら、船長の「上げてー」に対して、
微速巻き上げを開始したところ、ガコガコッ!

お、これはひょっとするとひょっとするぞ、
とゆっくり大事に上げてきたら、クロムツ!
船長、中乗り、釣り人から大注目を浴びました。
渋すぎるからクロムツ1匹25cmで船中大騒ぎ~
クロムツは船中2匹で終わった模様です。

そして最後のほうにでかいサバみたいな
アタリと引きがあって、上がってきたのは
30cmぐらいでグラマーな、よくわからない魚。

中乗りさんに聞いたら、メダイの子供らしい。
そういえば触ったらすっごいぬるぬるでした。
以前釣ったのは50cm以上あったから、ぱっと見で
よくわからなかったです。

ということで、大半の人が全然ダメだった中、
それなりにいいお魚も釣れて満足気味でした。
でもやっぱり夏に行くのはダメだな・・・


にほんブログ村 釣りブログへ     
↑恐縮ですが、是非ぽちっと押していってください

ラベル:船釣り
posted by ぐつこー at 23:01| 神奈川 ☁| Comment(0) | 中深場五目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月26日

釣行78-19/5/12-船釣り-LT中深場五目

そろそろ終わりそうなのでもう1回。

【タックル】
ダイワ 極鋭ヤリイカ 82 MH-175 AGS
ダイワ 14 シーボーグ 300J-L

最初は水深250mぐらいで何回か流したのですが、
私は100mぐらいで毎回サバ軍団に拿捕され、
そもそも海底まで仕掛けが下りていきません。

1流し1投入なので、サバにつかまると
それでその流し終わりなんですよ・・・
3流し目なんて巨大サバ×5がhitで、
宙層で根掛かりするかのような状態に(笑)
シーボーグ300jが巻けませんでしたよ最初。

で、シロムツ1とサバたくさんの貧果状態で
さらに深場に移動、水深340m~420mぐらい。
無駄にサバが釣れてたので新鮮な生エサと
させていただきました。

釣れたサバをその場で捌いて餌にするって、
船釣り上級者みたいでかっこいいですよね。
たまに見かけてちょっとあこがれてました!

でも結局その後、すげえおっかない顔した
変な魚(結構デカい)が1匹釣れただけでした・・・
トウジンというらしいです、まあまずくはない。

周りはでかいアコウとか、超巨大なバラムツとか、
以前乗った時とは全く違う顔ぶれが釣れてました。
逆にキンメとかクロムツは見かけなかったかな。


ラベル:船釣り
posted by ぐつこー at 00:38| 神奈川 | Comment(0) | 中深場五目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月04日

釣行70-19/3/17-船釣り-LT中深場五目

【タックル】
ダイワ 極鋭ヤリイカ 82 MH-175 AGS
ダイワ 14 シーボーグ 300J-L

2回目の中深場五目。
五目といっても船宿によって狙いが異なり、
以前の船宿はクロムツ、今回の船宿はキンメダイです。

事前に仕入れていた5本針仕掛けで錘150号。
今回は潮が早いからか、投入はミヨシ側から
船長の合図で順番に、という方式でした。

ハイどうぞ、ハイ2番の方どうぞ、ハイ3番・・・
と、ミヨシ側から番号が付けられ、
順番に錘を放り投げて仕掛けを投入します。
その時に仕掛け絡みとかで準備不良だと、
その流しでは釣りができません。

また、魚をかけて上げるのは自由ですが、
一度上げるとその流しでの再投入はできません。
前回の船宿では自由だったので、より深場っぽい。

さて、自分は5番(大艫が6番)で、初回投入成功。
水深は250mぐらいだったかな。
棚が底から5mということで、その通りセット。
特に誘ったりはせず、手持ちでボーっと。
と、グンッと強く引き込まれたのですが、
それ以上は特に何もなく・・・バレたかな?

そのまま放置しているともう1回同じアタリ。
んでまた特にその後引いたりはしてくれない。
よくわかんないなあと思いながらも、
竿をゆっくり立てると、魚がついている?

とりあえず巻き上げてみます。
ヤリイカの時もそうですが、
深すぎて全然上がってこない・・・
3-4分経って、赤いのが付いてる!
キンメダイ30cmほどが2匹でした。

あのアタリがキンメで、バレたわけではなくて
キンメは暴れないということでしょうか?

次の投入では、ガコガコってアタリ。
キンメとは全く違うし、アワセると
その後も少し引いている感じがする。
追い食い狙いで少し待つも我慢できなく、
上げてみるとでっぷり太ったクロムツ。
35cmぐらい、この前よりだいぶでかい。

その後の流しではまたクロムツでしたが、
こちらは20㎝ほどでちょい小さいやつ。

ここで「少し深いとこ行きます」のアナウンス。
「はい、水深410m」・・・なぬ!
ラインは400m以上巻いといてくださいなので、
400m巻いといたのですが、それより深いやん。
仕掛け全長が7mぐらいだから407mしかない。

案の定、MAXまでライン出しても底に着かないw
電動リールのスプール地肌が丸見えなのに・・・
当たり前ですが釣れません・・・
ただこの水深は1回だけで以降は380mぐらい。
地肌は見えていたもののギリギリ底に届きました。

と、すんごいサバっぽいアタリ。引きもサバ。
めんどくさーと思いながら上げてくると、
サバそっくりの引きながら、なんかもっと強い。
???と思ったら50cmぐらいあるメダイでした。

このメダイ、ローションまみれかと思うぐらい、
ぬっるぬるの魚で、処理してるとわらけてきます。

そして次の流しではよくわからない変な魚。
後で調べたらオキギスという魚で、
まあ、小骨ばっかでおいしくなかったです・・・

最後に鋭いアタリがあったのですが、
上げてきたらハリス切れ。たぶんスミヤキです。
上げてこれていたら五目だったのですが、四目止まり。
まあキンメもクロムツも絶品ですし、大変満足でした。

ラベル:船釣り
posted by ぐつこー at 22:27| 神奈川 ☀| Comment(0) | 中深場五目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
RSS取得